Bench & Table

松本市浅間温泉の北側斜面(新設した遊歩道)に、平成21年5月にヒノキ製ベンチ2基を寄贈しました。松本に滞在する留学生の方に松本を第二の故郷として、いつまでも忘れないで欲しいという想いから生まれた「国際・国内交流・木の絆事業」に木材3団体が協力しました。桜や紅葉の苗をみんなで植え、植樹記念としてヒノキの回向柱を建てました。植樹後には地元のおかみさん会が用意してくれたトン汁とおにぎりをいただきました。


松本市あがたの森公園に、昭和57年木製のベンチとテーブルを、また昭和58年にあがたの森案内図を寄贈しました。経年劣化により古くなったベンチとテーブルは、平成24年9月にヒノキ材の新しいものと入れ替えました。

昭和57年

昭和58年

平成24年 3基

平成25年 3基



平成26年9月、松本市アルプス公園のモクちゃんハウス前(小鳥と小動物の森近く)に2基寄贈しました。お弁当を食べたり、読書をしたり・・・多くの方にご利用いただければ幸いです。

平成26年 2基


平成27年10月、松本市開智公園(旧開智小学校向い)にヒノキのテーブル・ベンチ2基を設営しました。開智公園は夏に花が咲くネムノキが植栽された公園です。図書館や幼稚園も近くにあり、外ランチにご利用いただければと思います。

施工前

施工後



10月8日(木の日)に寄贈式が開催されました。

松本市副市長の坪田様から感謝状をいただきました。これからも松本市民の皆さまや、県外からお越しの観光客の方の憩いの場所に、信州ヒノキのテーブル・ベンチを設営していければと思います。